やっぱり蟹は豪快に、そして展開させて

私が贅沢だと思う食べ物特集

MENU

先日、ランチを食べていないことに気づき、お弁当屋さんに入りました。

 

 

おむすびランチを食べながら、これたくさんのせてあげたいんだけどね、社長がたくさん使ったら怒るから、とおかあさん店員さんが別のランチを作っているのが聞えました。サラダの上にはツナが5ミリくらいのっています。これの事か、と思いつつ、我が家ではこれは蟹なんだけどね、と思いながら店員さん同士の話を聞いていたのです。

 

 

私は昔はよく食べていたカニかまぼこをあまりいただかなくなりました。その代わりに、ちゃんと蟹を

 

 

いただくようになっています。全国に友達のいる私は、越前、花咲き、紅ズワイ、毛ガニ、ワタリガニ、

 

 

栗がに、セイコ、小さな所で沢ガニに到るまで、本当にありがたいことにご縁があって、小さい頃からよくいただいてきたのですが、中でもやっぱり、ゆで上げが一番、豪快にいただくのが、最もおいしい食べ方だと思っています。

 

 

身をとりだした後、それを今度は、サラダのトッピング、さらには、蟹メインのサラダにし、玉ねぎやキュウリを小さく刻んでドレッシングで和えたものを焼きサンドにしたり、洋風のお寿司、軍艦巻きにしたりするのです。一つから始まって、発展させていけば、おいしい食べ方がどんどん見つかります。